スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2008年03月31日

計画を思い立ったきっかけ


2000年の夏、ビーバー村である人物のメモリアルポトラッチが行われた。

その人の名は、サルビン・アダムス。

フランク安田と同じ時代にビーバー村で生きた人だった。

彼は疫病死の疑いがかけられてしまい、東南アラスカのシトカという町に
遺体を隔離されてしまったのである。
実際は疫病ではなかったのだが、疑いが晴れるのに長い年月がかかった。

2000年の夏、彼はビーバー村に帰ってきた。
ビーバー村をはじめ、近くのフォートユーコンやスティーブンスビレッジからも
多くの人が集まってきた。
村の中心部近くに野外特設会場がつくられ、焚き火がはじまった。
村で所有している特大鍋が登場し、ムース(ヘラジカ)ヘッドスープがつくられていく。
テーブルにはキングサーモンやヤマアラシ、カナダガンの料理が
ところ狭しと並べられている。

人々がテーブルの周りに集まり帽子をとると、一人の長老が、自分たちの
血となり骨となる目の前に並んだ料理に対して、祈りの言葉を捧げていく。
料理は老人から皿に盛っていく。
足腰の不自由な人には村人が率先して、代わりに料理を皿に盛っていく。

食後はフィデロ(バイオリン)バンドが音楽を演奏し、極北の風景にあった
心地よい音が流れていった。
夜になると学校の体育館に人々は集まった。
ポトラッチのために準備された工芸品や贈り物が、中央に山のように積まれている。
人々は贈り物をそれぞれ受け取ると、工芸品を身に着け、ドラムダンスをおどる。
最初は小さな人の輪だったのが、徐々に大きく膨れ上がり、
太鼓と人の掛け声が体育館の壁を突き抜け、オーロラが輝く、
極北の森に響いていった。
極北のネイティブインディアンの人々の伝統や文化が集約された
素晴らしい行事に感動した。

このとき、いつかビーバー村の人たちに、フランク安田のメモリアルポトラッチを
開催してもらいたいとはじめて思った。

それから約8年の月日が経過し、いよいよ夢が実現しようとしている。

この8年間、村の人々とは深い信頼関係を築いてきた。
今回計画しているフランク安田メモリアルポトラッチで、フランク安田の
残した功績をみんなで再確認し、また、彼を支えた妻のネビロ安田、
トーマス・カーター、ジョージ大島、ジェームスみなの、そして多くの
イヌピアックエスキモー、アサバスカンインディアンのことをみんなで
語りたいと思う。

posted by S  


Posted by ビーバー at 10:10Comments(3)メモリアルポトラッチ

2008年03月30日

ビーバー -98年前にフランク安田がつくったアラスカの村-


今から124年前の1884年、単身アメリカに渡った一人の少年がいました。

石巻出身の安田恭輔(フランク安田)です。

さまざまな過程を経て北極海に面したポイントバローというイヌイットの村に
行き着いたフランク安田は、海獣の猟を生業とする彼らとともに暮らしはじめます。
しかし、当時のアメリカの密猟船がクジラやアザラシを乱獲したことによる
深刻な食料不足、白人によってもたらされた疫病の蔓延などによって、やがて村は
絶滅の危機に瀕します。

そのとき、村人たちをアラスカの内陸部に広がるアサバスカンインディアンの
居住区に移住させ、新しい生活をはじめることで村を救おうと行動をおこした
のが、フランク安田でした。
イヌイットに対してけっして友好的でなかったアサバスカンインディアンと交渉し、
手に入れた新天地、それがビーバー村です。

新たな村を築き、海しか知らない人々に森での暮らし方を教え、イヌイットの
人々を救ったとされるフランク安田。
今年は彼が90歳で亡くなって、ちょうど50年目にあたります。
その記念すべき年に、ビーバー村で、ビーバーの村人と日本人とで開催する
フランク安田没後50年 メモリアルポトラッチに関わる情報を、
このブログで発信していかれればと思います。 

今日はまず、ビーバー村の様子を写真ですこし。




ビーバー村上空から見たユーコン河。冬はほぼ全面凍結する。




ビーバー村の集落と、砂利の飛行場。




FUEL PLANE(燃料機)。 
道路の通っていないビーバー村には、村の南約100kmにあるいちばん
近くの大きな都市、フェアバンクスFairbanksからこのような飛行機で
燃料が運ばれてくる。
車は走っていないが、4輪バギーやボートのために燃料が必要。




今は閉店したイヌイットコープ(ストアー)の壁には、子供が描いた
Welcome to Beaver(ようこそビーバー村へ)の張り紙。

posted by K  


Posted by ビーバー at 22:02Comments(5)ビーバー村のこと