スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2008年05月26日

桜満開の日和山、石巻専修大学での企画展


4月16日(水)



ビーバー村の一行が石巻を訪問した頃は、まさに桜が満開でしたsakura


石巻観光ボランティア協会のみなさんに案内していただき、石巻随一の桜の名所といわれる日和山公園を散策。
ウィリアムは、デローに肩車してもらってゴキゲンですneko




日和山からは、ゆるやかに流れる北上川と石巻市街が一望できます。


初めて目にする、絵に描いたような日本の春の風景。


とりわけ、キムやレベッカなど大人たちの感激は、ひとしおのよう。




花が大好きなビーバー村のみんな。
子どもたちが、落ちた桜の花を拾い上げて手の中に包み込み、愛おしげに
眺めている姿が印象的でした。


ボランティアの方の説明によると、この石碑は、『アラスカ物語』の作者である新田次郎氏がここを訪れた際に詠んだ歌が刻まれた歌碑とのこと。


歌碑の前で記念撮影。
かつてフランク安田も、この場所に立って石巻の町を、海を、眺めていた時があったのでしょうか...


同じ年のジョーダンとジュジュ。
桜の下でいっしょにパチリcamera


ジョーダンとポールは、わたあめ買って食べたりも。
綿飴屋のおじさんの粋なはからいで、1個、おまけしてもらっちゃいました音符
このふわふわした甘い食べ物、ビーバー村の子どもたちになかなかの人気。


↓バスで移動bus

やってきたのは、


石巻専修大学のキャンパスです学校


フランク安田没後50年メモリアルポトラッチに賛同してくださった石巻専修大学が、図書館で企画展を開いてくださることになったのですicon12


その企画展の開幕式。
ビーバー村代表として、ジョーリーとジュジュがテープカットに参加しました。




そして、大学関係者のみなさんと記念撮影camera


大学図書館の一隅に、写真や漫画『アラスカ物語』など、フランク安田やビーバー村に由来するさまざまなものが展示されています。

ちなみにいちばんの注目は、新田次郎氏のアラスカでの取材日記ブック

ディスプレイされているダイアモンドウィローの杖や、クマの爪のネックレス、ハクトウワシの羽の飾りなどは、すべてビーバー村の住民の手による工芸品。ポールが、彼の手がけたビーズ刺繍のキーホルダーについて説明していました。


シャーリーンとデローが熱心に読んでいたのは、フランク安田の娘ハナさんのインタビュー記事のコピー。




大学図書館でのこの企画展が、地元の大学生という若い世代の人たちに、
フランク安田やビーバー村への理解を深めてもらうよいキッカケになれば、
と思いますクローバー


posted by Kpinkuma