スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2008年06月16日

森林火災の煙、泳ぐクマ、ユーコン川に架かる虹。


ビーバー村界隈の風景をちょこっとご紹介します。



Beaver Through(ビーバースルー)、と呼ばれる、ユーコン川支流の夕暮れ時。

極北地域では、夏になると森林火災が頻発します。
自然発火のものもあるし、人為的(キャンプの火の不始末とか)な場合もあります。
森林が燃える、というのは、あながち悪いことでもなくて、むしろ、極北の生態系に
おいてはある程度必要なこととされています。もちろん、過度な火災は望まれませんが...

この写真で、雲のように見えるのは、じつは煙。
森林火災による煙が、雲のように層になって漂っています。




川をモーターボートで遡るときに遭遇したブラックベア。泳いで川を渡っていました。
グリズリーという、ヒグマのような巨大なクマが、ユーコン川本流を泳いで横切ることも。




ビーバー村にいると、虹をよく見るのだそうです。ときには、虹が二重に架かることも。
(この写真も、じつは二重です。見えにくいですが。。)
ユーコン川をまたぐように架かる虹。
「東京であまり見られないから、撮ってみた(リョウさん談)」とのことです。
  


Posted by ビーバー at 10:42Comments(0)ビーバー村のこと