2008年04月06日

アラスカの先住民


フランク安田が残した功績、またビーバー村のことをよりよく知ってもらう
ために、今日は、アラスカ先住民について記しておこうと思います。

北米や南米で先住民と呼ばれる人々は、その多くが、ずっとずっと昔
ベーリンジアが海に沈んでベーリング海峡になる前に、ユーラシア大陸から
アメリカ大陸に渡ってきた人類の子孫だといわれています。
アメリカに暮らす先住民の人々は、一般にアメリカ先住民、とひと括りに
されがちですが、その中にはじつにさまざまな民族がいて、言語があって、
文化があります。

アラスカの先住民に関していうと、言語系ごと4つのグループに大別されます。

- 南東アラスカのネイティブインディアン(ハイダ族、クリンキット族など)
- アリュート
- エスキモー(イヌピアット/ユピック)
- アサバスカンインディアン

*日本では「エスキモー」という言葉は使わず、「イヌイット」と呼ぶようにいわれることもあります。
しかしこの2つは若干、言葉の定義がちがうし、英語圏ではふつうにEskimoと呼んでいるので、
ここではエスキモーという言葉を使います。ご了承ください。





南東アラスカのネイティブインディアンは、トーテムポールを造る民族として
知られている人々。
ポトラッチはもともとは彼らの文化ではじまり、広がったものと考えられています。
<写真は南東アラスカのケチカンという町にあるトーテムポールとクランハウス
(部族の集会場のようなもの)。クランハウスの壁に大きく彫られている動物はクマ>

アリュートは、アリューシャン列島の島々に暮らす海洋民族。

そしてフランク安田にまつわる話でおさえておきたいのは、あとの2つ。
エスキモー(イヌピアック/ユピック)アサバスカンインディアンです。

フランク安田が、ベアー号救助要請のために目指し、その後ネビロと結婚して
暮らしたポイントバローはエスキモーの村で、とくにイヌピアットと呼ばれる民族の
人々が生活していました。
エスキモーが暮らすのは、ただただ海と氷原、雪原が広がる北極海に面したエリア。
ツンドラ地帯で、木などは一本も生えていません。
食料はもっぱら、アザラシやクジラ、セイウチなどの海獣で、生肉を食していました。

一方、現在のビーバー村がある一帯、アサバスカンインディアンの居住地は内陸部で
山に囲まれた森林エリアです。
川での漁や、山での狩猟、ベリー類の採集などが生活の糧。
川で獲った魚や、森でしとめた動物は、焼いたり煮たり、薫製にしたりして食料としていました。

アラスカの先住民、と一口に言っても、このようにエスキモーとアサバスカン
インディアンでは、環境、言語、生活スタイル、食料などなど、すべてにおいて
決定的に異なっています。
そのちがいは、日本と中国のちがい以上のものとすら言えるかもしれません。
しかも、アサバスカンインディアンは、エスキモーのことを「生肉を食べるなんて!」と
嫌悪し、敵対的ですらあったといいます。

アラスカという土地と、そこに暮らす人々の日常を多少なりとも知ることで、
98年前にフランク安田が成し得たこと、ビーバー村や、1週間後に来日する
ビーバー村の子どもたちに対する関心を高めてもらえれば幸いですsakura




子どもたちがCruikshank Schoolの修学旅行で行ったニューメキシコ州アルバカーキ。
みんな、民族衣装に身を包んでいます。
全米のネイティブインディアンが集まり、それぞれの伝統を披露する会場にて。


posted by K


同じカテゴリー(ビーバー村のこと)の記事画像
生命の魚、サーモン。
大切な食料としてのムース (MOOSE/ヘラジカ)
村の学校、焼失したジェネレーター、四輪バギー、白夜明けの月
森林火災の煙、泳ぐクマ、ユーコン川に架かる虹。
ビーバー -98年前にフランク安田がつくったアラスカの村-
同じカテゴリー(ビーバー村のこと)の記事
 生命の魚、サーモン。 (2008-07-19 18:00)
 "メモリアルポトラッチ"の意味すること。 (2008-07-13 05:52)
 大切な食料としてのムース (MOOSE/ヘラジカ) (2008-07-01 10:53)
 村の学校、焼失したジェネレーター、四輪バギー、白夜明けの月 (2008-06-21 22:23)
 森林火災の煙、泳ぐクマ、ユーコン川に架かる虹。 (2008-06-16 10:42)
 ビーバー -98年前にフランク安田がつくったアラスカの村- (2008-03-30 22:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
アラスカの先住民
    コメント(0)