2008年07月01日

大切な食料としてのムース (MOOSE/ヘラジカ)


ビーバー村近郊には、こんな風なひょろ長いスプルース(トウヒ)の木が密に生えた森が広がっています。
これから、ムース(ヘラジカ)ハンティングに向かうのですスニーカー


ムースを待ち構えて、銃の照準を合わせているところ。

ムースハンティングは、とにかく待ちます。
同じ場所にいて数時間じっとしながら、ムースがやってくるのを待つのだそうです。



(photo by MS clipart)

ちなみにこれが、雄のムース(Bull Moose)。
大人の雄の大きさは、だいたい平均で約400kg-700kgもあるとのこと。
大きな角が特徴的です。
繁殖期には、雌を巡り、雄同士がこの角を突き合わせて戦います。



(photo by MS clipart)

こちらが、雌のムース。
大人の雌の大きさは、だいたい平均で約270-360kgほどとのことです。
けっこう、愛嬌のある顔をしています。。




これは、私がユーコン準州で遭遇した親子のムースです。

インディアンの人々の間では子連れのムースは絶対に撃ってはいけないことに
なっていて、ハンティングで狙うのは、基本的に巨躯の雄ムースのみ。
その年のムースの数などの様子を鑑みて、部族会議で決まりをつくり、
捕りすぎることのないよう、調整すると聞きました。
インディアンの人々は、ムースによって生かされてきたことを、きちっと心得て
心を配っているのですクローバー




ムースは、草を食んだり水を飲んだりするために、このような湿生の
草地へ出てきます。
ハンターは、木に登って遠くを見渡してムースを探したり、鳴きまねをして
気をひいたり、いろいろするのだそうです。
道具が進歩したとはいえ、野生動物を狩るには、たいへんな労力を必要とします。


ビーバーの隣村、アークティックサークルからたまたま来ていたというサムが切っているのは、ムースの肉。

獲ってきたムースの解体では、基本、ナイフ以外は使わないことになっているのだそう。
動物に対する敬意、ということなのでしょうか。
サムは、慣れた手つきで肉を切り分けていきます。




リョウさんも、ナイフで解体を手伝いました。
関節などの固い部位もすべてナイフで切る、というのはかなり大変で、
コツがいるのだそうです。
なお、リョウさんのうしろの小屋は、ビーバー村のたいていの家にあるという
"スモーク小屋"。
大方解体したら、このスモーク小屋に肉を少し吊るして燻してハエや蚊が
寄りつかないようにし、それから切り分けます。

ニンテンンドーDSで遊んだり、インターネットが不自由なくできたりする
環境が在る一方で、ビーバー村にはこのような永く続いてきた営みが
日常として今も息づいています。


同じカテゴリー(ビーバー村のこと)の記事画像
生命の魚、サーモン。
村の学校、焼失したジェネレーター、四輪バギー、白夜明けの月
森林火災の煙、泳ぐクマ、ユーコン川に架かる虹。
アラスカの先住民
ビーバー -98年前にフランク安田がつくったアラスカの村-
同じカテゴリー(ビーバー村のこと)の記事
 生命の魚、サーモン。 (2008-07-19 18:00)
 "メモリアルポトラッチ"の意味すること。 (2008-07-13 05:52)
 村の学校、焼失したジェネレーター、四輪バギー、白夜明けの月 (2008-06-21 22:23)
 森林火災の煙、泳ぐクマ、ユーコン川に架かる虹。 (2008-06-16 10:42)
 アラスカの先住民 (2008-04-06 22:43)
 ビーバー -98年前にフランク安田がつくったアラスカの村- (2008-03-30 22:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大切な食料としてのムース (MOOSE/ヘラジカ)
    コメント(0)