2008年10月08日

遅ればせながら、フランク安田メモリアルポトラッチの報告その1

たいへん遅ればせながら、少しずつ、8月のメモリアルポトラッチの報告を
綴っていきたいと思います。

今回の記事の写真提供は、鈴木誠二さんとSheila Duffordさんです。



23日土曜日のお昼前、フェアバンクスからのチャーター機で、日本からの
みなさんがビーバー村に到着icon20




ビーバー村の子どもたちと先生が、アサバスカンインディアンの民族衣装を
纏って出迎えてくれました。


グッチン語の先生であるポールの衣装は、淡いクリーム色が特徴のカリブーの革製。
背中には、カリブーのデザインがあしらわれています。


みんなで笑顔で集合写真camera


到着した一行は、まず会場であるクルイックシャンク学校へ。

石巻市民代表団団長の西條さんが、ビーバー村代表のセリーナに、知事と市長からの公式書簡を手渡すなど、歓迎のあいさつを終えたら、




さっそく、村内を見て回りますicon24




ビーバー村唯一のストア。




フランク安田の暮らした丸太小屋の前で、彼のお孫さん家族も一緒に、
みんなで記念撮影をしました。


同じカテゴリー(メモリアルポトラッチ)の記事画像
ありがとうございました!
メモリアルポトラッチの開催日時ほかの情報
同じカテゴリー(メモリアルポトラッチ)の記事
 フランク安田、ネビロ安田追悼 (2008-10-08 23:32)
 ありがとうございました! (2008-09-15 23:29)
 アラスカ、ビーバー村より (2008-08-17 04:38)
 ポトラッチについての追加情報 (2008-07-31 21:20)
 メモリアルポトラッチの開催日時ほかの情報 (2008-07-29 21:26)
 計画を思い立ったきっかけ (2008-03-31 10:10)

この記事へのコメント
本当に楽しかったですね。
一生忘れられない思い出になりました。

フランク安田も偉大だけど、
ネビロも立派な人生を送った方だな…
と、改めて感動しています。
Posted by のぶこ at 2008年10月09日 19:03
コメントありがとうございます。ネビロ安田の話はたくさん聞いてきましたが、
本当にすごい人だったようです。イヌピアックエスキモーの彼女はビーバーに来てからは、ムースの皮をなめし、ビーズ刺繍の腕前も相当なものだったようです。自分で自分の顎に刺青を入れ(イヌピアックの伝統)、最後までイヌピアック語を話していたようです。ポトラッチの食事の中でバローからマクタック(クジラ)を持ってきてくれた人がいましたが、ネビロも喜んでいたのではと思います。
Posted by ビーバービーバー at 2008年10月12日 13:02
コメントありがとうございます。
ネビロ安田の話はたくさん聞いてきましたが、本当にすごい人だったようです。イヌピアックエスキモーの彼女はビーバーに来てからは、ムースの皮をなめし、ビーズ刺繍の腕前も相当なものだったようです。自分で自分の顎に刺青を入れ(イヌピアックの伝統)、最後までイヌピアック語を話していたようです。ポトラッチの食事の中でバローからマクタック(クジラ)を持ってきてくれた人がいましたが、ネビロも喜んでいたのではと思います。
Posted by ビーバービーバー at 2008年10月12日 13:04
8月にメモリアルポトラッチに参加した石巻(安田の故郷)の皆さんが中心になって(フランク安田友の会」が結成されました。顕彰碑の建立のほか、ビーバー村や小学生間の交流などを計画しているそうです。関心のある方はどうぞ入会してください。
Posted by かほく at 2008年12月30日 16:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
遅ればせながら、フランク安田メモリアルポトラッチの報告その1
    コメント(4)